トップ / 矯正の後戻り現象について

矯正の後戻り現象について

矯正治療の注意点

矯正装置を外した後のリテーナー

歯科矯正治療後に起こる問題点は、後戻り現象です。装置を装着中は固定されているので大丈夫ですが、装置を外した後は不安定な状態で元の位置に戻ろうとする為、医師の勧めでリテーナーと呼ばれる後戻り防止装置を一定期間装着する事がほとんどです。個人の歯型に合わせて作られているので、少しでも後戻りをしてしまうとリテーナーが窮屈に感じたり、ばあいによっては作り直す必要も出てきます。自分で取り外しが出来るだけに根気よく続ける意志が必要です。必ず医師の指示通りの時間と期間を矯正装着する事で綺麗な歯並びが保つ事が出来ます。

歯科,アルバイト

歯並びの矯正について

歯の健康は、私たちの健康的で活力にあふれた生活にとってなくてはならないものですが、歯並びと歯列矯正の重要性ついてはあまり知られていません。今回は、そんな歯並びの重要性ついて紹介したいと思います。歯並びが良いという言葉でどんなイメージを持つでしょうか。綺麗に並んだ歯は、横から顔を見たときのラインなど、顔の見た目をすっきりと見せるものです。また、歯並びが悪いと、かみ合わせの悪さから、肩こりや頭痛など様々な症状の原因となります。健康にもとても重要なものなのです。きちんと歯列矯正の治療を受けるようにしましょう。

↑PAGE TOP