トップ / インプラントの治療とは

インプラントの治療とは

インプラント治療って

インプラント治療は第三の歯です

インプラントとは第二の永久歯や第三の歯と呼ばれるもので、歯周病や歯槽膿漏などを原因として歯が抜け落ちたときや、外傷や虫歯によって自分の歯を抜歯したときに、失ってしまった部位に麻酔を行うことで人工歯根を埋め込む手術をして、その上に人工歯冠を装着させることで、噛み合わせや審美性の回復が行える治療法です。歯科インプラント治療を行うことで、自分の歯ととても似ている構造の歯を実現できるために、食事の楽しみを回復させることができます。残っている自分の歯にとっても負担を分散させることができる治療となります。

歯科,アルバイト

インプラントと他の治療法は

歯を失った場合の治療法で、代表的なものはブリッジや部分入れ歯、インプラントがあります。ブリッジや部分入れ歯には保険が適応されるため安い自己負担で治療できるのがメリットになります。しかし、これらの治療法は隣接する歯を削ったり、固定のために使用する必要があるために大きな負担をかけてしまうことになります。それに対してインプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込む治療のため、他の歯に負担をかけることがありません。自由診療のため、費用は高額になりますが口腔内の健康を考えた場合にはおすすめの治療ということが出来ます。

↑PAGE TOP