トップ

歯科医院の医学管理料に関して

歯科医院の医学管理料

医学管理料とは目に見えない

私達が歯科医院で支払う治療費の領収書をよく見てみると、耳慣れない「医学管理料」という項目があり戸惑う事も多いかと思います。これは、医師が口の中の状況を見て現状を説明し、これからの治療はこう進めていきましょうという計画を立てることに支払う対価です。最近の歯科医学では、どうして悪くなったか、治療後悪くしないために何が必要かなど、ケアや予防に重きを置いています。正しい歯みがきの仕方や入れ歯の使用方法や注意点など説明も多岐に渡ります。まさに、目で見る事の出来ない知識や技術に支払う金額と言うことができます。

歯科,アルバイト

医学管理料とはなにか

歯医者に通っていて、この歯医者親切だなって思っていても意外とお金をとられている場合があります。それは医学管理料と呼ばれるものです。具体的には歯科衛生実施指導管理料というものがあります。これは、俗にいう歯磨き指導というもので、歯科衛生士のお姉さんが親切に歯ブラシの持ち方や歯の面に対するブラシの当て方など細かく教えてくださいます。歯医者さんによってはこの時サービスに歯ブラシまでくださって、帰り際には、ここに注意してくださいねという紙まで渡してくださいます。実はこれ、一般的なものなら、800円に相当します。イメージ的には指導を受けた者に対するお金が医学管理料ということになります。

↑PAGE TOP